2008-05-22

Samba、文字化け、ログイン拒否。

Sambaで、いろいろ不具合してたので、いじってみた。
メモ。


まずは、「マイ ネットワーク」から見れなくなっていた件から。
「そのアカウントは、このワークステーションからのログインを許可されていません」と表示されていた。

参照:Samba 暗号化パスワード問題
解決法は上のページを見れば分かるとおり、smb.confの[global]セクションに、
encrypt passwords = yes
を追加。
#20080523追記
#デフォでnoになってるのを見過ごして、

#encript passwordsの設定なんて書いてないなぁー
#なんて思ってた俺はunixシステム初心者。

そして、Sambaユーザのパスーワードを設定。
(実は、よく参照資料を読まずにやってたので、smbpasswd -a usernameで、再設定とかいう非道なことをしたが、うまく動いた。
あ、そうそう。Sambaの再起動を忘れずに。

しかし、なぜこの設定をしていなくても、前は普通に見れていたのかが不思議。
もしかしたら、PCの再インストール前は平文パスワード許可設定になってたのかなぁ。



次に、文字化けの件。

前に、PCクラッシュした時に、サーバにsamba経由でバックアップを取っていた。
で、音楽ファイルとかを、2ヶ月ぶりにPCに復帰させようとしたら、文字化け。
半角カナとかがいっぱいになっていた。
結論から言えば、smb.confの[global]セクションに、
client code page = 932
coding system = euc
と追加でよい。
あ、これもSambaの再起動を忘れないこと。

ぶっちゃけ、文字コードとかそんなに分かってないので、テキトーに色々参考にして、上記設定を追加しただけなのだが、うまいこと表示されたのでよしとしよう。
機会があったらちゃんと調べてみたい。

0 件のコメント: