2009-08-28

センコロール感想。

どうも,センコロール見てきました@池袋
チケット買ってくれた友人姉と,誘ってくれた友人に感謝。

以下,感想。



▼ネタバレ無し感想
・トレーラーを思い描いて行ったら,駄目だと思う。
・ストーリに期待して行ったら,駄目だと思う。
・映像美を見に行くものだと思う。
・映像美を見に行く,というと新海誠っぽいな。
・あの人もストーリがげふんげふん
・ryo/supercellの音楽を聴きに行く,ってのは有りだと思う。
・映画館に曲を聴きに行くという贅沢。うへへ。



▼ネタバレ有りかも感想
・ストーリーあらすじ:気だるげ男の子と,可愛い女の子が,なんかへんな怪物でいちゃいちゃうふふ。
・4割くらい嘘ですすみません

・作画・構図・空気感,そういうものを楽しむ映画だった。
・さっき言った映像美ってのはそういうこと。
・新海誠的HAI☆KEI☆BI☆JUTSUとか素敵サンセットとかとは違うよ?

・映像美的な感想を言えば,かなり引き込まれた。
・デザイン好きとか構図フェチとかはうっとり。
・でも,逆に言えばストーリは駄目。うん。ごめん。駄目。

・いや駄目と言い切るのも違うか。
・隣の観客が映画終了時に「え?」って小声で言ってた。あえて心情補完すると「え?(もう終わり?オチは?)」だと思う。そういう感じ。200ページ小説の80ページくらいで終わった感じ。そういう意味ではストーリ面でも,そこまでは完璧。

・このアニメ映画を一人で作ったということは凄いと思う。パンフの煽りで言えば,1万3000枚を一人で描くってのはやばい。
・そして,この構図とかなんとかを内包する脳みそやばい。

・だけど,あえて言わせてもらえれば,「一人で作った」というところで評価されるのは,作品としては正しくないと思う。
・もちろん見ている最中に「一人で作った」に注目することはなかったけれど,観終わった後の評価点がそこに集中してはいけないと思う。

・まとめると,今後に期待。
・続編的な意味でも,宇木監督の成長という意味でも。

・Supercell最高。
・ryoさんぱねぇっす。
・CD買え。君の知らない物語←ポチッとな。
・センコロールの主題歌は2トラック目のLOVE&ROLLな。



 という感想をマックで打っていたら,君の知らない物語がBGMに流れてきて嬉しい。

2 件のコメント:

maya さんのコメント...

「星に願いを」を見に行こうとしたら、役者さんが挨拶に来る水曜日はアウトな日だった俺が通りますよ。

(´・ω・) さんのコメント...

数年前そこでAIRを観た気がする。
映画気になったけど音楽、作画なら別にいいかなって。